一日体験でのメリット・デメリットとは?

キャバクラで働く前に、体験入店を行うお店が増えてきていますが、この体験入店とは、どのようなメリットがあるのでしょうか?働く側の女の子、そして、働かせる側のスタッフにとってもメリットが大きいこの体験入店は、隠されたデメリットもある可能性があります。その点を踏まえて、体験入店に臨んでみると、ちょっと見る目つきが変わるかもしれません。風俗店に初めて行くという人は、参考にしてみるといいかもしれません。

キャバクラでの体験入店・デメリット

デメリットとしては、通常で働くよりも賃金が高いということです。「お給料が高いならメリットじゃない」と思うかもしれませんが、実は、体験入店の時だけ給料が高いということがほとんどです。新人と言うことで紹介されたり、体験入店ボーナスのような形で祝い金をくれたりなどが加算され、通常で働くよりもお金をゲットすることができます。そのため、体験入店の時に得た金額で喜んで実際に働き始めると、その半分も稼げないということが多々あります。そのため、体験入店の時の賃金が高いというのはデメリットになります。広告に書かれている金額通りであれば、そこそこいいでしょう。
そのほかにも、店で働く人たちが、体験入店の時だけ優しいということもあります。体験入店の時は優しく手ほどきしてくれた先輩が、実際に働きはじめたら物凄く怖くなった…というのもあり得る話です。人の見極めができないときはこれになやまされるかもしれませんね。

体験入店のメリット

メリットはなんといってもお店の雰囲気を味わえること。これは意外に大切なことなんです。お店によってはアロマを焚いていることもあるでしょう。その匂いがどうしてもダメと言う時はどうします?また、お店の中の厨房やロッカールームが来たなかったり、スタッフ同士の仲が目に見えて悪かったるすると、その中に飛び込んでいこうなんて思いませんよね。そう言う部分を見れるのも体験入店のメリットです。

関連する記事